公開日:|最終更新日時:

ZEH住宅について解説

近年よく耳にするようになってきた「ZEH住宅」。注文住宅会社を選ぶ上では、ZEH住宅に対応しているかどうか確認するのも大切なポイントといえます。そこでこのページでは、ZEH住宅とはどのようなものなのか?という点を解説します。

ZEH住宅とは?

「ZEH(ゼッチ)住宅」とは、「ネット・ゼット・エネルギー・ハウス」の略。冷暖房や給湯などで消費するエネルギーよりも、太陽光発電などで創り出すエネルギーを増やすことを目指した住宅をZEH住宅と呼んでいます。

消費エネルギーを削減するためには、優れた断熱性能や省エネに関する設備の導入が必要。冷暖房を必要以上に使用せずに快適な空間を保って省エネを実現するとともに、太陽光発電システムを導入して電気を作り出し、「消費エネルギー≦創り出すエネルギー」を目指します。

現在、日本では国土交通省や経済産業省、環境省によりZEH住宅の普及が呼びかけられており、補助金の交付なども行われています。

ZEHの家に必要な3つの要素

ZEH住宅に必要な3つの要素として「断熱」「省エネ」「創エネ」があります。ここでは、3つの要素について解説します。

断熱

まず、ZEH住宅には断熱性能が求められます。これは、夏の暑さや冬の寒さに影響されにくい住宅性能を持つことによって室内温度を快適に保ち、冷暖房の使用を抑えることができるため。断熱性能を高めるためには、断熱材を使用したり、高性能の窓を採用します。

省エネ

ZEH住宅を実現するには、省エネのための設備が必要となります。例えば、省エネタイプのエアコンや給湯システムを導入したり、LED照明を用いることによって、使用するエネルギーを減らしていきます。
また、住宅の消費エネルギーと創り出すエネルギーの管理や確認を行うための「HEMS(ヘムス)」と呼ばれるシステムが必要になってくる点も、ZEH住宅の特徴といえるでしょう。

創エネ

ZEH住宅には、エネルギーを創り出す仕組みも必要です。多く用いられているのが、太陽光発電システムを導入する方法。また、ガスを使用して電気を創り出す「エネファーム」と呼ばれる仕組みも用いられています。いずれにしても、注文住宅会社とよく相談して、導入するシステムを選びましょう。
また蓄電できる設備を導入することで、作り出した電気を効率的に使用できます。

ZEH住宅の補助金について

上記に挙げた「断熱」「省エネ」「創エネ」といった基準を満たすZEH住宅を建てた場合(または購入・改修した場合)に、補助金が受け取れる「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)補助金」という制度があります。補助金の額は60〜115万円と定められていますが、さらに燃料電池や停電自立型燃料電池などを設置した場合には、さらに補助金が加算されます。
ただし、ZEH住宅を建てたからといって必ず受け取れるというわけではなく、申請を行う必要があります。さらに公募期間中に応募したとしても予算金額の上限に達した場合には終了となってしまうため、公式サイトで最新情報をチェックしておきましょう。

参照:一般社団法人 環境共創イニシアチブ ZEH支援事業 公募情報
https://sii.or.jp/moe_zeh02/support/public.html

まとめ

ZEH住宅の特徴やメリットなどについてご紹介してきました。注文住宅会社を選ぶ上では、ZEH住宅に対応しているかどうかを確認するのも大切なポイント。こちらのホームページでは、多くの注文住宅会社を紹介していますので、ZEH住宅についても念頭に置いた上でチェックしてみてください。